接触性皮膚炎

【症状と原因】

 

犬の口のまわり、腹部、内股、陰部、肛門周辺、場合によっては
首輪が接触している部分などに皮膚炎が起こり,皮膚が赤くなって
かゆみや水疱があらわれたり、脱毛します。

 

犬が日常使っている器や用具、また薬品に含まれる物質がアレルゲンとなります。
具体的にはプラスチック製の食器や、羊毛のじゅうたん、生皮のガム、
消臭剤、シャンプー剤などです。

 

《治療方法》

 

アレルゲンと考えられるものの使用を2週間ほど中断し、犬のようすを観察します。
症状が改善すれば、アレルゲンが特定できますから原因となっている器やおもちゃ、
薬剤などに使用を中止します。

 

 

犬,病気,皮膚病  犬,病気,皮膚病

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シーズー犬は、皮膚病にかかりやすい犬種です。我が家のワンコたちも以前は、かなりひどい状態でした。

 

この酵素とみどりむしで今では、ウソのように完治してしまったようです^^

 

ステロイドも考えましたが、やはり、対処療法よりも根本療法を選択して良かったです!

犬,病気,皮膚病
   愛犬ケンタに奇跡を起こした サプリメントの詳細はこちら



接触性皮膚炎関連ページ

アトピー性皮膚炎
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
白癬症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
ツメダニ症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
毛包虫症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
ノミアレルギー皮膚炎
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
疥癬症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
脂漏症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
膿皮症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
アレルギー性皮膚炎
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。