アトピー性皮膚炎

【症状と原因】

 

犬が生後6ヶ月〜1,2歳で発症するケースが多い病気で、お腹や、顔、足、
脇の下などに皮膚の炎症が起こって赤くなり、とてもかゆいので患部をひっかきます。
そのため、皮膚がただれたり傷ができたりします。繰り返しひっかくうちに、皮膚が
部分的にごわごわと分厚くなることもあります。多くの犬で外耳炎を併発しており、
また、慢性化しやすく、治っても再発するケースの多い病気です。
遺伝的な要因が大きく皮膚病ですが、皮膚から原因となるアレルギー起因物質
(アレルゲン)が進入してさまざまな炎症が引き起こされます。
アレルゲンとなるものにはハウスダスト、ノミ、花粉、食べ物など、多くのものがあります。

 

《治療方法》

 

副腎皮質ホルモン、抗ヒスタミン剤、免疫抑制剤やインターフェロンなどの薬物療法
によってかゆみ炎症を抑えると同時に、食事療法も行います。
家庭ではシャンプーを行いアレルゲンの除去に努めますが、保湿剤で皮膚の乾燥を
防ぐことも忘れてはなりません。
屋内で飼っていると室内のほこりに含まれる目に見えないものなどもアレルゲンと
なりますから、アレルゲンをなくすようこまめに掃除します。

 

 

愛犬,アトピー性皮膚炎  愛犬,アトピー性皮膚炎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シーズー犬は、皮膚病にかかりやすい犬種です。我が家のワンコたちも以前は、かなりひどい状態でした。

 

この酵素とみどりむしで今では、ウソのように完治してしまったようです^^

 

ステロイドも考えましたが、やはり、対処療法よりも根本療法を選択して良かったです!

 

愛犬,アトピー性皮膚炎
   愛犬ケンタに奇跡を起こした PRIO(プライオ)の詳細はこちら



アトピー性皮膚炎関連ページ

接触性皮膚炎
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
白癬症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
ツメダニ症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
毛包虫症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
ノミアレルギー皮膚炎
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
疥癬症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
脂漏症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
膿皮症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
アレルギー性皮膚炎
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。