白癬症

【症状と原因】

 

特に体力が低下し、抵抗力(免疫)が弱まっている犬に発発症する病気で、目のまわりや、耳、皮膚のやわらかい部分に円形の脱毛がおこります。かゆみはほとんどありませんが、脱毛後の皮膚にはフケ状の細かなかさぶたができ、そのまわりに赤みがかったはれがみられることがあります。その脱毛の様相は、「リングワーム」と呼ばれていて、円形に広がっています。接触によって人間にも感染します。子供や女性の皮膚に感染し、腕や首のまわりなど、直接接触する場所に皮膚病変がみられることがありますから注意が必要です。
皮膚や毛根に白癬症というカビの仲間が感染も多いので皮膚病の猫との接触には注意が必要です。

 

 

《治療方法》

 

 

全身の被毛を刈りとり、抗真菌薬を投与します。完全にとり除くには何度か繰り返し被毛を刈ることが大切です。治療には一ヶ月以上かかりますが、完全に治すまで治療が必要です。

 

 

 

白癬症,犬,病気,皮膚病
   愛犬ケンタに奇跡を起こした PRIO(プライオ)の詳細はこちら



白癬症関連ページ

接触性皮膚炎
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
アトピー性皮膚炎
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
ツメダニ症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
毛包虫症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
ノミアレルギー皮膚炎
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
疥癬症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
脂漏症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
膿皮症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
アレルギー性皮膚炎
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。