ツメダニ症

【症状と原因】

 

ツメダニというダニの一種が皮膚に寄生して炎症を起こす犬の病気です。
非常に痒がります。皮膚が赤くなり、かさぶたのようなぶ厚いフケが重なり、そのフケをめくると小さなツメダニがたくさん寄生しています。毛の先端にツメダニが付着して白い粉がふいているようにみえることもあります。毛も抜けやすくなります。

 

 

《治療方法》

 

殺ダニ効果のある薬を使った薬浴で、ぶ厚いフケをしっかりと洗い落とします。ダニが大量寄生している時は、全身の毛を刈ると完治が早くなります。
また、ツメダニは人間にも感染します。強い痒みを感じたり、赤い発疹ができた時は、犬の治療と同時に、人間も皮膚科で治療を受けましょう。

ツメダニ症
   愛犬ケンタに奇跡を起こした PRIO(プライオ)の詳細はこちら



ツメダニ症関連ページ

接触性皮膚炎
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
アトピー性皮膚炎
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
白癬症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
毛包虫症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
ノミアレルギー皮膚炎
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
疥癬症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
脂漏症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
膿皮症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
アレルギー性皮膚炎
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。