毛包虫症

【症状と原因】

 

ニキビダニとよばれる寄生虫が皮膚の皮脂腺に寄生し、脱毛や皮膚炎をひき起こす犬の病気です。
毛包虫は、多くの犬に多少は寄生していますが、健康な犬の場合は抵抗力があるため大量に増殖せず、症状は現れません。免疫力や抵抗力が低下すると、症状が現れやすくなります。
母犬からおっばいを飲む時に感染するため、口や目のまわりなどが脱毛しはじめます。初期にはあまり痒がりませんが、悪化するとニキビのようなものができたり皮膚がただれたりして痒がります。
さらに、患部が全身に広がると、赤い水疱ができたり、皮膚が黒ずんだりしてきます。

 

 

《治療方法》

 

ニキビダニを殺す抗生物質を内服または注射します。同時に、殺ダニ剤の薬浴を行い、根気よくダニを排除します。

毛包虫症
   愛犬ケンタに奇跡を起こした PRIO(プライオ)の詳細はこちら



毛包虫症関連ページ

接触性皮膚炎
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
アトピー性皮膚炎
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
白癬症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
ツメダニ症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
ノミアレルギー皮膚炎
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
疥癬症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
脂漏症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
膿皮症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
アレルギー性皮膚炎
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。