ノミアレルギー皮膚炎

【症状と原因】

 

ノミが血を吸う時、ノミの唾液が犬の皮膚に入るため、唾液に含まれる「パプテン」というたんぱく質に対してアレルギー反応が起こり、皮膚炎になります。
腰の背中、足のつけ根、後ろ足、腹部にみられます。始めは赤い発疹ができ、赤く腫れます。痒みが激しくなると、眠れなくなることもあります。
痒くてひっかくことで、二次感染が起きたり、毛が抜けてしまいます。

 

 

《治療方法》

 

まず、ノミを駆除することです。ノミの駆除薬や、飲み薬のほか、皮膚に垂らすタイプなどが代表的です。
また、ノミはイヌ条虫という寄生虫を運ぶ役目も行うので、徹底的なノミの駆除が大切です。

ノミアレルギー皮膚炎
   愛犬ケンタに奇跡を起こした PRIO(プライオ)の詳細はこちら



ノミアレルギー皮膚炎関連ページ

接触性皮膚炎
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
アトピー性皮膚炎
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
白癬症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
ツメダニ症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
毛包虫症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
疥癬症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
脂漏症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
膿皮症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
アレルギー性皮膚炎
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。