疥癬症

【症状と原因】

 

犬の疥癬症は、ダニの一種であるイヌセンコウヒゼンダニが皮膚に寄生して起きる皮膚病です。 
このダニに感染している犬の首輪やブラシなどから感染します。皮膚にダニがつくと皮膚の中にトンネルを掘り、動き回ります。
メスのダニはその中に卵を産み、ふ化した幼ダニが、皮下で成長して、犬は強烈な痒みに襲われます。
柔らかいひじや耳、おなか、かかとなどに発症しやすいのが特徴です。
始めは赤く膨らんでいるだけですが、痒いために犬がかくので傷ができます。出血してその傷口から細菌感染して二次感染し、脱毛も起こります。

 

 

《治療方法》

 

全身の毛を刈って、薬用シャンプーやダニを殺す薬で薬浴させます。
痒みがひどい場合は痒みを抑える抗ヒスタミン剤なども与えます。
また、この感染症は、人間にも感染することがあるので、赤い発疹、激しい痒みなどの症状が現れたら、飼い主も皮膚科で検査を受けるようにしましょう。

疥癬症
   愛犬ケンタに奇跡を起こした PRIO(プライオ)の詳細はこちら



疥癬症関連ページ

接触性皮膚炎
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
アトピー性皮膚炎
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
白癬症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
ツメダニ症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
毛包虫症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
ノミアレルギー皮膚炎
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
脂漏症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
膿皮症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
アレルギー性皮膚炎
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。