脂漏症

【症状と原因】

 

犬の皮脂腺の分泌の異常による病気。内分泌系の異常や、寄生虫感染、栄養不足、アレルギーなどが原因となります。
皮脂腺からの分泌が異常増加して、皮膚や披毛がべたつくようになるのが「脂性型」。
皮脂の分泌が少なくなって皮膚の乾燥が進み、カサカサになるのが「乾性型」です。

 

 

《治療方法》

 

「脂性型」は、皮脂のベタベタをとる抗脂漏シャンプーで薬浴します。脂肪酸製剤などの飲薬も効果があります。
「乾性型」は、フケがでる場合は保湿効果のあるシャンプーや、ビタミンA剤などの飲薬を用います。
食餌の栄養バランスに気をつけましょう。

脂漏症
   愛犬ケンタに奇跡を起こした サプリメントの詳細はこちら



脂漏症関連ページ

接触性皮膚炎
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
アトピー性皮膚炎
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
白癬症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
ツメダニ症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
毛包虫症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
ノミアレルギー皮膚炎
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
疥癬症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
膿皮症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
アレルギー性皮膚炎
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。