膿皮症

【症状と原因】

 

犬の皮膚病で比較的多い病気です。皮膚で化膿性細菌の繁殖が起こり、化膿して強い痒みが起こります。
ふだん、皮膚には多くの細菌が存在しますが、免疫力の低下などに伴って皮膚の抵抗力が落ちると、細菌が異常繁殖してしまいます。
脇の下や指の間などの柔らかい部分に多く発生します。最初は皮膚が赤くなる程度ですが、進行すると膿が生じ、痒みがひどくなります。

 

 

《治療方法》

 

患部周囲の毛を刈り、薬用シャンプーで洗い、患部に抗生物質の軟膏を塗ります。症状がひどい場合は、抗生物質の飲み薬も同時に投与し長期にわたる治療が必要になってきます。

膿皮症
   愛犬ケンタに奇跡を起こした PRIO(プライオ)の詳細はこちら



膿皮症関連ページ

接触性皮膚炎
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
アトピー性皮膚炎
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
白癬症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
ツメダニ症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
毛包虫症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
ノミアレルギー皮膚炎
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
疥癬症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
脂漏症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
アレルギー性皮膚炎
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。