アレルギー性皮膚炎

【症状と原因】

 

犬のアレルギー反応によって皮膚に炎症が生じる病気です。特に有害な物質でなくても、体内に入ると防御反応としてアレルギー反応が起こり、その結果皮膚に炎症が起きます。
アレルギーの原因となる物質はさまざまですが、ホコリ、ダニ、化学物質、食物などが代表的なものとされています。
耳や目の周囲、脇の下や腹部などの皮膚が赤くなり、ひどい痒みを伴います。 
なめたりかいたりすることで脱毛が起こったり、皮膚がただれることもあります。

 

 

《治療方法》

 

食物が原因となっている場合は、アレルギー用の処方食を与えます。ホコリやダニが原因である場合は、生活している場所を頻繁に掃除するようにします。
また、同時に痒みを抑える効ヒスタミン剤や炎症を抑えるステロイド薬などを投与します。
抵抗力の弱い子犬や高齢犬に多いので、初期症状の脱毛の有無をよく調べましょう。

 

 

 

愛犬,アレルギー性皮膚炎  愛犬,アレルギー性皮膚炎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シーズー犬は、皮膚病にかかりやすい犬種です。我が家のワンコたちも以前は、かなりひどい状態でした。

 

この酵素とみどりむしで今では、ウソのように完治してしまったようです^^

 

ステロイドも考えましたが、やはり、対処療法よりも根本療法を選択して良かったです!

 

 

愛犬,アレルギー性皮膚炎
   愛犬ケンタに奇跡を起こした PRIO(プライオ)の詳細はこちら



アレルギー性皮膚炎関連ページ

接触性皮膚炎
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
アトピー性皮膚炎
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
白癬症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
ツメダニ症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
毛包虫症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
ノミアレルギー皮膚炎
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
疥癬症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
脂漏症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。
膿皮症
さまざまな原因による皮膚病があります。まず、原因を特定しましょう。