犬 病気 口 歯

歯周病

食生活の変化や、高齢化により、歯周病が急激に増えています。歯周病とは、歯の周辺にある歯肉に炎症が起きる病気です。
歯垢がたまって発生します。歯垢は最初は柔らかいのですが、固い歯石になって歯と歯肉の間にすきま(ポケット)をつくり、そこに細菌が住みつき増殖します。ここに膿がたまると歯槽膿漏になります。

 

【症状】

 

初め、歯肉が腫れてきたり、出血したりしますが、初期の段階ではみつけにくく、「口臭が強い」「歯が縦長になった」「歯の色が茶色になった」など明らかな変化に気づいた時には、重症になっている場合がほとんどです。
歯の病気と思って軽く考えると細菌が全身に回って、ほかの病気をひき起こすこともあります。

 

【治療・予防】

 

初期の段階では、歯垢や歯石を取り除いて清潔にしておけば、自然に回復します。
膿などがある場合は、それを取り除いて抗生物質を与えます。
歯周病はむし歯と同じで、日頃のチェックと予防が肝心。歯磨きに加え、一年に一度は獣医師に歯石を取ってもらうようにしましょう。

犬,病気,口,歯,
   愛犬ケンタに奇跡を起こした PRIO(プライオ)の詳細はこちら



歯周病関連ページ

むし歯
いままで犬は、甘いものも食べないし、むし歯にかからないと思われていました。  しかし最近むし歯になる犬が増えています。
口内炎
いままで犬は、甘いものも食べないし、むし歯にかからないと思われていました。  しかし最近むし歯になる犬が増えています。
口唇炎
いままで犬は、甘いものも食べないし、むし歯にかからないと思われていました。  しかし最近むし歯になる犬が増えています。