犬 病気 心臓病

フィラリア症(イヌ糸状虫症)

犬の代表的な心臓病といえばフィラリア症です。フィラリア(犬糸状虫という寄生虫)が、心臓の内部に寄生することで起きる病気です。蚊が媒介して、犬から犬へと感染します。
フィラリアの感染経路は少
々複雑です。フィラリアの成虫が寄生しているからといってすぐにフィラリア症にかかるわけではありません。
フィラリアの成虫はまず、犬の心臓の中に寄生し、ミクロフィラリアという子虫を血液の中に産み付けます。
アカイエカが、犬の血液を吸う際に、このミクロフィラリアも一緒に吸い込むことになり、今度は、このミクロフィラリアは、蚊の中である程度発育します。発育したミクロフィラリアを体内に持っている蚊が犬の血液を吸う時、この発育した子虫が犬の体内へ送り込まれて寄生します。
犬の体内に寄生した子虫は、2?3カ月の間に、皮膚などで発育して血管に入り、心臓に移動して右心室と肺動脈あたりで、太さ1ミリ、長さ20センチの成虫になります。
フィラリア症は、フィラリアの成虫が、寄生している右心室と肺動脈に傷をつけたり、成虫がたくさん寄生し、からんで球状になって血液の流れを妨害することで、うっ血性の心不全を起こします。

 

【症状】

 

軽症の場合は、少しずつ症状が現れます。蚊がいる時期になると、心臓に寄生するフィラリアがだんだん増え、最初の症状である乾いたせきをするようになります。
この時期が長くなり慢性化すると、せきも激しくなり、せきをする時間も長くなります。せきがひどくなると吐くこともあります。
フィラリア症の症状でもうひとつ特徴的なのが「腹水」。腹部がどんどん大きくなっていきます。この状態が続くのが「慢性フィラリア症」で、症状が急激に襲ってくるのが「急性フィラリア症」です。
「急性フィラリア症」は、右心室に寄生していたフィラリアが、右心室を越えて右心房に移動し、右心室と右心房の間の三尖弁と呼ばれる弁が閉じなくなって起こります。激しい呼吸困難が起きて動けなくなります。時には、茶色の尿を出すこともあります。

 

【予防】

 

毎年、蚊が出る時期になったら薬を飲ませること。月に一度飲ませるタイプと、毎日または1日おきに飲ませるタイプがあります。
注意したいのは、薬を与える前に、必ず犬の体内のミクロフィラリアの有無を確認することです。
既にミクロフィラリアに感染している犬に予防薬を与えると、ショックなどの副作用が現れる可能性があるからです。
薬を与えると同時に、できるだけ、蚊から遠ざけることを忘れずに。

 

犬,病気,心臓病
   愛犬ケンタに奇跡を起こした PRIO(プライオ)の詳細はこちら



フィラリア症(イヌ糸状虫症)関連ページ

僧帽弁閉鎖不全
犬の代表的な心臓病といえばフィラリア症です。フィラリア(犬糸状虫という寄生虫)が、心臓の内部に寄生することで起きる病気です。蚊が媒介して、犬から犬へと感染します。
心不全
犬の代表的な心臓病といえばフィラリア症です。フィラリア(犬糸状虫という寄生虫)が、心臓の内部に寄生することで起きる病気です。蚊が媒介して、犬から犬へと感染します。