犬 病気 心臓病

僧帽弁閉鎖不全

左房室にある僧帽弁が、完全に閉じなくなって起きる病気です。
僧帽弁は、糸のような細い腱で開閉しますが、この腱や腱を支持する乳頭筋の異常によって僧帽弁が閉じられなくなって起こります。
高齢な犬ほど発病しやすいのも特徴です。

 

【症状】

 

興奮するとせきが出ます。しばらくするとせきの間隔が短くなり、乾いたせきをします。ひどくなると呼吸困難や貧血になる場合もあります心音を聞くと心雑音が聞こえます。X線検査や心電図で調べると、左心室の肥大が認められます。

 

【治療】

 

強心薬や、利尿剤、血管拡張剤など内科的治療を行います。犬を興奮させないようにし、長い散歩は控えめにしましょう。
食餌は塩分の少ないものを選ぶこと。動物病院などで心臓病用の処方食が普及されているので、相談してみることをおすすめします

 

犬,病気,心臓病
   愛犬ケンタに奇跡を起こした PRIO(プライオ)の詳細はこちら



僧帽弁閉鎖不全関連ページ

フィラリア症(イヌ糸状虫症)
犬の代表的な心臓病といえばフィラリア症です。フィラリア(犬糸状虫という寄生虫)が、心臓の内部に寄生することで起きる病気です。蚊が媒介して、犬から犬へと感染します。
心不全
犬の代表的な心臓病といえばフィラリア症です。フィラリア(犬糸状虫という寄生虫)が、心臓の内部に寄生することで起きる病気です。蚊が媒介して、犬から犬へと感染します。