犬 病気 心臓病

心不全

心不全の多くは「慢性心不全」で、原因はさまざま。
心臓のまわりの血管の異常、弁の異常、心筋の異常、フィラリア症も心不全の原因になります。

 

【症状】

 

症状は、心不全が右心不全か左心不全かで異なります。
左心不全の場合は、左心に肺からの血液がたまってしまい、肺水腫、呼吸困難が起きます。
右心不全の場合は、肺へ血液を送ることができなくなり、右心に血液がたまり、腹水やむくみが現れます。

 

【治療】

 

心臓の働きをよくする強心薬やむくみを取るための利尿剤が投与されます。
肺水腫を解消するためには肺の血管を広げる薬、呼吸困難には気管支拡張剤を投与します。
心臓に負担をかけないように運動を制限し、食餌の水分と塩分を減らします。心不全用の処方食を利用するのもおすすめです。

 

犬,病気,心臓病
   愛犬ケンタに奇跡を起こした サプリメントの詳細はこちら



心不全関連ページ

フィラリア症(イヌ糸状虫症)
犬の代表的な心臓病といえばフィラリア症です。フィラリア(犬糸状虫という寄生虫)が、心臓の内部に寄生することで起きる病気です。蚊が媒介して、犬から犬へと感染します。
僧帽弁閉鎖不全
犬の代表的な心臓病といえばフィラリア症です。フィラリア(犬糸状虫という寄生虫)が、心臓の内部に寄生することで起きる病気です。蚊が媒介して、犬から犬へと感染します。