犬 病気 骨折 関節炎

骨・関節の病気記事一覧

骨折

ほとんどの骨折は、交通事故や、高いところから落下したりした物理的な衝撃から起きます。また、病気で骨が弱くなっていると、ちょっとした衝撃でも折れることがあります。【症状】強い痛みと腫れを伴います。折れた骨が、筋肉や皮膚を突き抜けて外に出ているものを「開放性骨折」といい、細菌に感染する機会が増えます。皮...

≫続きを読む

脱臼

関節の骨と骨が、正常な位置からずれてしまう症状を脱臼といいます。原因としては骨折と同様、交通事故や高いところから落ちたり転倒したりして起こるものと、「習慣性脱臼」と呼ばれる先天的なものがあります。【症状】脱臼は、脱臼した場所、骨のずれ方で症状が異なります。共通している症状は、腫れ、痛み、足の長さが変...

≫続きを読む

股関節形成不全

犬に多い遺伝的疾患のひとつです。股関節の骨の成長が十分でなく、丸くなっているはずの大腿骨の先が扁平になっていたり、受け皿である骨盤のくぼみが浅かったりで骨と骨がうまくかみ合わない状態をいいます。遺伝的な要因が多いのですが、子犬の時の肥満も原因にのひとつです。発育期に肥満になることで、骨や筋肉のバラン...

≫続きを読む

膝の前十字靭帯の断裂

膝の前十字靭帯は、交通事故などの外的要因で切れることもありますが、最近、高齢により靭帯が弱まったり、肥満によって膝に負担がかかって切れるケースが増えています。特に、室内飼いの小型犬で肥満気味の犬に発病が多くみられます。【症状】後ろ足を上げて歩きます。痛みがある時とない時があり、徐々に痛みが消えていく...

≫続きを読む

椎間板ヘルニア

背骨は、椎骨というたくさんの骨がつながってできています(194P図参照)。この椎骨と椎骨の間には、「椎間板」と呼ばれる薄い軟骨がはさまれていて、背骨をスムーズに曲げる働きをしています。この椎間板の真ん中に、クッションのような弾力のある線維輪で包まれた、柔らかな「髄核」と呼ばれる部分があります。転倒し...

≫続きを読む

犬,病気,骨折,関節炎,
   愛犬ケンタに奇跡を起こした ユーグレナ(みどりむし)の詳細はこちら