犬 病気 骨折 関節炎

骨折

ほとんどの骨折は、交通事故や、高いところから落下したりした物理的な衝撃から起きます。また、病気で骨が弱くなっていると、ちょっとした衝撃でも折れることがあります。

 

【症状】

 

強い痛みと腫れを伴います。折れた骨が、筋肉や皮膚を突き抜けて外に出ているものを「開放性骨折」といい、細菌に感染する機会が増えます。
皮膚に傷がなく、中で骨が折れている骨折を「閉鎖性骨折」といいます。

 

【治療】

 

ボール紙など固いものをあてて、足を動かさないように固定します。「開放性骨折」で出血している場合は、止血するために強く縛ることで骨に負担がかかるため、多量のガーゼを当ててて止血しましょう。
犬が痛みなどで興奮することが多いので、まずは落ち着かせるように心がけ、十分に気をつけて動物病院へ連れていきましょう。
病院では、X線検査で骨折の位置を確認し、ショック状態を改善するため、輸液や補液をします。
同時に、感染症から守るために抗生物質、炎症を抑えるために消炎剤を投与します。
また、骨折の状況に応じて、ギブスで固定したり、手術をして、ボトルなどで固定したりします。

 

犬,病気,骨折,関節炎,
   愛犬ケンタに奇跡を起こした サプリメントの詳細はこちら



骨折関連ページ

脱臼
ほとんどの骨折は、交通事故や、高いところから落下したりした物理的な衝撃から起きます。
股関節形成不全
ほとんどの骨折は、交通事故や、高いところから落下したりした物理的な衝撃から起きます。
膝の前十字靭帯の断裂
ほとんどの骨折は、交通事故や、高いところから落下したりした物理的な衝撃から起きます。
椎間板ヘルニア
ほとんどの骨折は、交通事故や、高いところから落下したりした物理的な衝撃から起きます。