犬 病気 骨折 関節炎

脱臼

関節の骨と骨が、正常な位置からずれてしまう症状を脱臼といいます。
原因としては骨折と同様、交通事故や高いところから落ちたり転倒したりして起こるものと、「習慣性脱臼」と呼ばれる先天的なものがあります。

 

【症状】

 

脱臼は、脱臼した場所、骨のずれ方で症状が異なります。共通している症状は、腫れ、痛み、足の長さが変わる、足をひきずって歩くことです。
脱臼が起こりやすい部位としては、股関節と膝蓋骨があげられます。

 

【治療】

 

股関節脱臼の場合は、靭帯などに損傷がなければ、元の位置に戻して、ギブスなどで固定したり、外科手術を施します。
膝蓋骨脱臼は、手術によって治療します。発見し次第、早めに手術を行いましょう。
特に成長期にある犬の場合、どんどん変形が進行するため、手術が遅れれば遅れるほど、修復が困難になります。
膝蓋骨脱臼は、先天的な要因で起こることがあるので、犬を選ぶ時には、両親に膝蓋骨の異常がないか、注意するようにしましょう。

 

犬,病気,骨折,関節炎,
   愛犬ケンタに奇跡を起こした PRIO(プライオ)の詳細はこちら



脱臼関連ページ

骨折
ほとんどの骨折は、交通事故や、高いところから落下したりした物理的な衝撃から起きます。
股関節形成不全
ほとんどの骨折は、交通事故や、高いところから落下したりした物理的な衝撃から起きます。
膝の前十字靭帯の断裂
ほとんどの骨折は、交通事故や、高いところから落下したりした物理的な衝撃から起きます。
椎間板ヘルニア
ほとんどの骨折は、交通事故や、高いところから落下したりした物理的な衝撃から起きます。