犬 病気 骨折 関節炎

膝の前十字靭帯の断裂

膝の前十字靭帯は、交通事故などの外的要因で切れることもありますが、最近、高齢により靭帯が弱まったり、肥満によって膝に負担がかかって切れるケースが増えています。
特に、室内飼いの小型犬で肥満気味の犬に発病が多くみられます。

 

【症状】

 

後ろ足を上げて歩きます。痛みがある時とない時があり、徐々に痛みが消えていくこともありますが、病状は進行していることが多く、歩行異常は続きます。
膝関節が腫れて熱を持ちます。足を伸ばさせようとすると痛がります。
動き回るのは厳禁です。できるだけ早く病院へ連れていくようにしてください。ケージなどに入れて静かにさせて連れていきましょう。
病院では、触診やX線検査により診断します。

 

【治療】

 

小型犬は、体重の負担があまりないので、切れている状態によっては、ギブスなどで治す場合もありますが、中・大型犬をはじめ大半の場合は手術をします。
手術では、切れた靭帯を人工靭帯に変えたり、大腿筋膜などを移植したりします。早期の手術が大事です。
痛がっていないからと放っておくと、2、3週間で関節炎をひき起こしますので注意しましょう。

 

犬,病気,骨折,関節炎,
   愛犬ケンタに奇跡を起こした サプリメントの詳細はこちら



膝の前十字靭帯の断裂関連ページ

骨折
ほとんどの骨折は、交通事故や、高いところから落下したりした物理的な衝撃から起きます。
脱臼
ほとんどの骨折は、交通事故や、高いところから落下したりした物理的な衝撃から起きます。
股関節形成不全
ほとんどの骨折は、交通事故や、高いところから落下したりした物理的な衝撃から起きます。
椎間板ヘルニア
ほとんどの骨折は、交通事故や、高いところから落下したりした物理的な衝撃から起きます。