犬 病気 呼吸器

呼吸器の病気記事一覧

気管虚脱

遺伝的な原因や肥満や老化などにより、軟骨が正常な形を保てなくなると、気管が押しつぶされることになり、空気の流通が悪くなって呼吸困難を起こします。ポメラニアン、チワワなどの小型犬や短頭種に多くみられます。【症状】急に呼吸が苦しそうになり、時には激しいせきが出ます。運動後や夏の暑い時期によくみられます。...

≫続きを読む

気管支炎

ウイルスや細菌が、気管支で起こす炎症です。連続して乾いたせきをするのが特徴です。気管支炎を起こす原因となる感染症の代表ともいえるのが、細菌やウイルスが混合感染するケンネルコフです。また、ホコリや薬品の刺激やアレルギーで、起きる場合もあります。【症状】気管支周辺に炎症が起きているため、ものを吐き出すよ...

≫続きを読む

肺炎

ウイルスや細菌などによる感染症がひどくなると肺や気管支に炎症が起きます。これが肺炎です。特にジステンパーやケンネルコフなどにみられる症状で、咽喉頭炎や気管支炎などが悪化し、呼吸困難や発熱を伴う場合も多いので十分に注意しましょう。【症状】せきが出ることが多く、せきがひどくなると吐き気を催すこともありま...

≫続きを読む

軟口蓋過長症

パグ、シー・ズー、ペキニーズ、ブルドッグなどの頭の短い短頭種に多くみられる病気です。頭の短い犬は、口の奥にある軟口蓋が先天的に長く、喉の入口付近に垂れ下がっているため、空気の通る道が狭くなって呼吸しにくかったり、塞がれる面積によっては呼吸困難が起きることがあります。これらの犬種の飼い主は、呼吸の状態...

≫続きを読む

肺水腫

肺の中に水がたまって、呼吸ができなくなり、死に至ることもある病気です。僧房弁閉鎖不全に代表される心臓病によって起きる場合もあれば、気管支炎などの肺につながる気管の炎症から起きる場合もあります。【症状】軽い場合は、運動の後にせきをしたり、苦しそうに呼吸をする症状が現れます。重症になると、呼吸が浅く速く...

≫続きを読む

肺気腫

気管支炎や、腫瘍などで気管支が狭くなったりすると、まわりの肺胞が傷ついてしまいます。傷がつくと、肺胞がふくらんで空気が入ることになり、肺気腫になります。気管支の異常のほか、ひどくせきをすることで、肺胞が壊れ肺気腫になることもあります。【治療】気管支炎や腫瘍が原因の場合は、まず原因を取り除くための治療...

≫続きを読む

犬,病気,呼吸器
   愛犬ケンタに奇跡を起こした PRIO(プライオ)の詳細はこちら