犬 病気 呼吸器

気管支炎

ウイルスや細菌が、気管支で起こす炎症です。連続して乾いたせきをするのが特徴です。
気管支炎を起こす原因となる感染症の代表ともいえるのが、細菌やウイルスが混合感染するケンネルコフです。また、ホコリや薬品の刺激やアレルギーで、起きる場合もあります。

 

【症状】

 

気管支周辺に炎症が起きているため、ものを吐き出すような乾いたせきを繰り返します。
吐くようにせきをするので、吐き気と間違うことがあるので注意してください。
気管支炎は、急性と慢性に分けられます。急性の場合、平常時にはせきをせず食欲も普通ですが、運動や食餌の時に発生します。
慢性の場合は、痰がからまっているようなせきになり、場合によっては呼吸困難に陥ることもあるので、特に注意が必要です。

 

【治療】

 

ウイルスや細菌の感染が原因である場合は、まず抗生物質などを投与して、原因であるウイルスや細菌を退治します。同時に、せき止めや、気管支の炎症を抑える薬も飲ませます。散歩などを控え、できるだけ安静にするように心がけましょう。

犬,病気,呼吸器
   愛犬ケンタに奇跡を起こした PRIO(プライオ)の詳細はこちら



気管支炎関連ページ

気管虚脱
遺伝的な原因や肥満や老化などにより、呼吸困難を起こします。
肺炎
遺伝的な原因や肥満や老化などにより、呼吸困難を起こします。
軟口蓋過長症
遺伝的な原因や肥満や老化などにより、呼吸困難を起こします。
肺水腫
遺伝的な原因や肥満や老化などにより、呼吸困難を起こします。
肺気腫
遺伝的な原因や肥満や老化などにより、呼吸困難を起こします。