犬 病気 呼吸器

軟口蓋過長症

パグ、シー・ズー、ペキニーズ、ブルドッグなどの頭の短い短頭種に多くみられる病気です。
頭の短い犬は、口の奥にある軟口蓋が先天的に長く、喉の入口付近に垂れ下がっているため、空気の通る道が狭くなって呼吸しにくかったり、塞がれる面積によっては呼吸困難が起きることがあります。
これらの犬種の飼い主は、呼吸の状態を注意深く観察するように心がけましょう。

 

【治療】

 

症状にもよりますが、症状が重い場合は、内科的な治療ができないので、垂れ下がっている部分を手術で切除します。

犬,病気,呼吸器
   愛犬ケンタに奇跡を起こした PRIO(プライオ)の詳細はこちら



軟口蓋過長症関連ページ

気管虚脱
遺伝的な原因や肥満や老化などにより、呼吸困難を起こします。
気管支炎
遺伝的な原因や肥満や老化などにより、呼吸困難を起こします。
肺炎
遺伝的な原因や肥満や老化などにより、呼吸困難を起こします。
肺水腫
遺伝的な原因や肥満や老化などにより、呼吸困難を起こします。
肺気腫
遺伝的な原因や肥満や老化などにより、呼吸困難を起こします。