犬 病気 呼吸器

肺水腫

肺の中に水がたまって、呼吸ができなくなり、死に至ることもある病気です。
僧房弁閉鎖不全に代表される心臓病によって起きる場合もあれば、気管支炎などの肺につながる気管の炎症から起きる場合もあります。

 

【症状】

 

軽い場合は、運動の後にせきをしたり、苦しそうに呼吸をする症状が現れます。
重症になると、呼吸が浅く速くなったり、ゼーゼーと音をたてて呼吸したりしてせきもひどくなり、前足をつっぱった状態で呼吸することもあります。

 

【治療】

 

まず肺水腫になった原因(心臓病、感染症、そのほか)を特定することが治療の第一歩です。
X線検査や心電図などで調べて治療を始めます。原因が特定されれば、治療法も定まります。
肺水腫自体の治療法としては、肺にたまった水分を除去するための利尿剤による内科療法、呼吸困難の場合は酸素吸入などの処置を行います。

犬,病気,呼吸器
   愛犬ケンタに奇跡を起こした PRIO(プライオ)の詳細はこちら



肺水腫関連ページ

気管虚脱
遺伝的な原因や肥満や老化などにより、呼吸困難を起こします。
気管支炎
遺伝的な原因や肥満や老化などにより、呼吸困難を起こします。
肺炎
遺伝的な原因や肥満や老化などにより、呼吸困難を起こします。
軟口蓋過長症
遺伝的な原因や肥満や老化などにより、呼吸困難を起こします。
肺気腫
遺伝的な原因や肥満や老化などにより、呼吸困難を起こします。