犬 病気 呼吸器

肺気腫

気管支炎や、腫瘍などで気管支が狭くなったりすると、まわりの肺胞が傷ついてしまいます。
傷がつくと、肺胞がふくらんで空気が入ることになり、肺気腫になります。気管支の異常のほか、ひどくせきをすることで、肺胞が壊れ肺気腫になることもあります。

 

【治療】

 

気管支炎や腫瘍が原因の場合は、まず原因を取り除くための治療を行います。それ以外の場合は、安静にしてゆったりと休ませて様子をみるようにしましょう。

 

犬,病気,呼吸器
   愛犬ケンタに奇跡を起こした PRIO(プライオ)の詳細はこちら



肺気腫関連ページ

気管虚脱
遺伝的な原因や肥満や老化などにより、呼吸困難を起こします。
気管支炎
遺伝的な原因や肥満や老化などにより、呼吸困難を起こします。
肺炎
遺伝的な原因や肥満や老化などにより、呼吸困難を起こします。
軟口蓋過長症
遺伝的な原因や肥満や老化などにより、呼吸困難を起こします。
肺水腫
遺伝的な原因や肥満や老化などにより、呼吸困難を起こします。