犬 病気 感染症

ジステンパー

イヌジステンパーウイルス(パラミクソウイルス・モルビリウイルス属)が原因。飛沫感染(犬のくしゃみなど)間接感染(感染している犬の使用した食器など)直接感染(直接感染している犬に触れる)の3つの感染経路があります。伝染性・死亡率ともに高い病気です。

 

【症状】

 

感染後4〜6日で発症します。発熱、食欲不振、結膜炎、元気がなくなるなどの症状が現れた後、嘔吐、下痢、せき、くしゃみなどの消化器と呼吸器の症状が出現します。
さらに進行するとウイルスは脳にまで達し、てんかん、筋肉の痙攣、下半身の麻痺といった神経症状が現れます。

 

【治療・予防】

 

感染初期なら免疫血清が有効な場合がありますが、症状が進行しているとウイルスに対する確実な治療法はありません。
細菌の二次感染を防止するために、抗生物質の投与、対症療法として輸液の実施、利尿薬や強肝剤の投与も併用します。 
予防法としては、母犬の移行抗体が消失する時期(生後2?3カ月)にワクチン接種を行います。
通常は生後9週目と15週目、その後は1年に1回の追加接種が必要です。ワクチンの接種前にはほかの犬に近づけないようにしてください。

 

犬,病気,感染症,
   愛犬ケンタに奇跡を起こした PRIO(プライオ)の詳細はこちら



ジステンパー関連ページ

イヌ伝染性肝炎
飛沫感染(犬のくしゃみなど)間接感染(感染している犬の使用した食器など)直接感染(直接感染している犬に触れる)の3つの感染経路があります。
ヘルペスウイルス感染症
飛沫感染(犬のくしゃみなど)間接感染(感染している犬の使用した食器など)直接感染(直接感染している犬に触れる)の3つの感染経路があります。
ケンネルコフ
飛沫感染(犬のくしゃみなど)間接感染(感染している犬の使用した食器など)直接感染(直接感染している犬に触れる)の3つの感染経路があります。
パルボウイルス感染症
飛沫感染(犬のくしゃみなど)間接感染(感染している犬の使用した食器など)直接感染(直接感染している犬に触れる)の3つの感染経路があります。
コロナウイルス感染症
飛沫感染(犬のくしゃみなど)間接感染(感染している犬の使用した食器など)直接感染(直接感染している犬に触れる)の3つの感染経路があります。
レプトスピラ病
飛沫感染(犬のくしゃみなど)間接感染(感染している犬の使用した食器など)直接感染(直接感染している犬に触れる)の3つの感染経路があります。