犬 病気 感染症

イヌ伝染性肝炎

イヌアデノウイルス型(アデノウイルス・マストアデノウイルス属)が原因で、感染犬の尿・唾液がほかの犬の口の中に入ることによって感染します。 
症状が急激に進んで突然死するものから、症状が現われない不顕性感染まで、病気の形はさまざまです。
単独では死亡率は10%程度ですが、混合感染が起こると非常に高くなります。

 

【症状】

 

高熱と虚脱状態から急死する「突発性致死型」と、発熱や食欲不振、嘔吐、肝臓の腫大、黄疸が起こり死亡する「重症致死型」があります。
発熱、角膜炎、鼻水などの軽い症状が2?10日間続いたのちに治癒する「軽症型」と、 症状がみられない「不顕性感染型」に分かれます。

 

【治療】

 

ウイルスそのものに対する有効な治療法はないため、治療は二次感染の防止や肝臓の再生を促すための対症療法が中心になります。
二次感染防止には抗生物質の投与、肝臓の回復には強肝剤、ビタミン剤、ブドウ糖やアミノ酸などの輸液などが有効です。

 

【予防】

 

母犬の移行抗体が消失する時期(生後2、3カ月)にワクチン接種を行います。通常は生後9週目と15週目、その後は1年に1回の追加接種が必要です。ワクチンの接種前にはほかの犬に近づけないようにしてください。

犬,病気,感染症,
   愛犬ケンタに奇跡を起こした PRIO(プライオ)の詳細はこちら



イヌ伝染性肝炎関連ページ

ジステンパー
飛沫感染(犬のくしゃみなど)間接感染(感染している犬の使用した食器など)直接感染(直接感染している犬に触れる)の3つの感染経路があります。
ヘルペスウイルス感染症
飛沫感染(犬のくしゃみなど)間接感染(感染している犬の使用した食器など)直接感染(直接感染している犬に触れる)の3つの感染経路があります。
ケンネルコフ
飛沫感染(犬のくしゃみなど)間接感染(感染している犬の使用した食器など)直接感染(直接感染している犬に触れる)の3つの感染経路があります。
パルボウイルス感染症
飛沫感染(犬のくしゃみなど)間接感染(感染している犬の使用した食器など)直接感染(直接感染している犬に触れる)の3つの感染経路があります。
コロナウイルス感染症
飛沫感染(犬のくしゃみなど)間接感染(感染している犬の使用した食器など)直接感染(直接感染している犬に触れる)の3つの感染経路があります。
レプトスピラ病
飛沫感染(犬のくしゃみなど)間接感染(感染している犬の使用した食器など)直接感染(直接感染している犬に触れる)の3つの感染経路があります。