犬 病気 感染症

ヘルペスウイルス感染症

イヌヘルペスウイルス(ヘルペスウイルス・アルファヘルペスウイルス属)が原因で起こります。
感染経路ははっきりとはわかっていませんが、ウイルスの経口感染や、母親からの胎盤感染などによると考えられています。 
生後2週目以内の子犬に感染すると致命的ですが、それ以降だと無症状の場合が多い感染症です。

 

【症状】

 

成犬の場合は軽い鼻炎程度の症状しか示しませんが、子犬の場合は食欲不振、黄緑色の軟便や下痢、呼吸困難、腹部を押さえると痛がるなどの症状が現れ、異常な鳴き声をあげて急死します。

 

 

【治療】

 

有効な治療法は現在のところありません。抗生物質の投与や保温などの方法はありますが、急死することが多く、治療が間に合わないことが多いです。

 

 

【予防】

 

ワクチンは開発されていません。
発病があった犬舎は塩素系洗剤で十分に消毒します。感染した子犬の母親は繁殖に使用しないようにしてください。

犬,病気,感染症,
   愛犬ケンタに奇跡を起こした サプリメントの詳細はこちら



ヘルペスウイルス感染症関連ページ

ジステンパー
飛沫感染(犬のくしゃみなど)間接感染(感染している犬の使用した食器など)直接感染(直接感染している犬に触れる)の3つの感染経路があります。
イヌ伝染性肝炎
飛沫感染(犬のくしゃみなど)間接感染(感染している犬の使用した食器など)直接感染(直接感染している犬に触れる)の3つの感染経路があります。
ケンネルコフ
飛沫感染(犬のくしゃみなど)間接感染(感染している犬の使用した食器など)直接感染(直接感染している犬に触れる)の3つの感染経路があります。
パルボウイルス感染症
飛沫感染(犬のくしゃみなど)間接感染(感染している犬の使用した食器など)直接感染(直接感染している犬に触れる)の3つの感染経路があります。
コロナウイルス感染症
飛沫感染(犬のくしゃみなど)間接感染(感染している犬の使用した食器など)直接感染(直接感染している犬に触れる)の3つの感染経路があります。
レプトスピラ病
飛沫感染(犬のくしゃみなど)間接感染(感染している犬の使用した食器など)直接感染(直接感染している犬に触れる)の3つの感染経路があります。