犬 病気 感染症

ケンネルコフ

パラインフルエンザウイルスとイヌアデノウイルス?型、マイコプラズマ、細菌などの混合感染によって起こります。

 

【症状】

 

コフ(せき)という病名どおり、せきが特徴。運動したり、気温が変化したり、興奮した時に発作のようにせき込んだり、のどになにかがつかえたようになります。
軽症であれば数日で治まりますが、ひどくなると肺炎を起こすこともあります。

 

 

【治療】

 

抗生物質での治療や、吸入器を使って気管支を広げる気管支拡張剤を吸入させるのも有効です。

 

 

【予防】

 

母犬の移行抗体が消失する時期(生後2、3カ月)にワクチン接種を行います。
通常は生後9週目と15週目、その後は1年に1回の追加接種が必要です。ワクチンの接種前にはほかの犬に近づけないようにしてください。

 

犬,病気,感染症,
   愛犬ケンタに奇跡を起こした サプリメントの詳細はこちら



ケンネルコフ関連ページ

ジステンパー
飛沫感染(犬のくしゃみなど)間接感染(感染している犬の使用した食器など)直接感染(直接感染している犬に触れる)の3つの感染経路があります。
イヌ伝染性肝炎
飛沫感染(犬のくしゃみなど)間接感染(感染している犬の使用した食器など)直接感染(直接感染している犬に触れる)の3つの感染経路があります。
ヘルペスウイルス感染症
飛沫感染(犬のくしゃみなど)間接感染(感染している犬の使用した食器など)直接感染(直接感染している犬に触れる)の3つの感染経路があります。
パルボウイルス感染症
飛沫感染(犬のくしゃみなど)間接感染(感染している犬の使用した食器など)直接感染(直接感染している犬に触れる)の3つの感染経路があります。
コロナウイルス感染症
飛沫感染(犬のくしゃみなど)間接感染(感染している犬の使用した食器など)直接感染(直接感染している犬に触れる)の3つの感染経路があります。
レプトスピラ病
飛沫感染(犬のくしゃみなど)間接感染(感染している犬の使用した食器など)直接感染(直接感染している犬に触れる)の3つの感染経路があります。