犬 病気 感染症

レプトスピラ病

犬レプトスピラ菌が原因。ネズミによって伝播され、ネズミの尿に汚染された、水や土壌に触れて感染します。人畜共通感染病。

 

【症状】

 

感染後7〜14日で発病し、発熱、筋肉痛、粘膜の充血が起こります。「出血型」は消化器や泌尿器に異常がみられ、嘔吐、血便、尿の異常が起こります。
「黄疸型」は「出血型」よりも症状が激しく、急死する場合も多いようです。
症状をみせない「不顕性型」もあります。

 

 

【治療】

 

抗生物質の投与。同時に輸液、強肝剤、利尿剤なども投与します。

 

 

【治療・予防】

 

症状が進まない早いうちに、原因となった傷口部分を組織ごと取り除き消毒します。その後、傷口と全身にペニシリンを投与し、菌の毒素を中和する血清を注射します。
土のある場所でケガをしたら、どんなに小さな傷でも、オキシドールで十分な消毒を。

犬,病気,感染症,
   愛犬ケンタに奇跡を起こした サプリメントの詳細はこちら



レプトスピラ病関連ページ

ジステンパー
飛沫感染(犬のくしゃみなど)間接感染(感染している犬の使用した食器など)直接感染(直接感染している犬に触れる)の3つの感染経路があります。
イヌ伝染性肝炎
飛沫感染(犬のくしゃみなど)間接感染(感染している犬の使用した食器など)直接感染(直接感染している犬に触れる)の3つの感染経路があります。
ヘルペスウイルス感染症
飛沫感染(犬のくしゃみなど)間接感染(感染している犬の使用した食器など)直接感染(直接感染している犬に触れる)の3つの感染経路があります。
ケンネルコフ
飛沫感染(犬のくしゃみなど)間接感染(感染している犬の使用した食器など)直接感染(直接感染している犬に触れる)の3つの感染経路があります。
パルボウイルス感染症
飛沫感染(犬のくしゃみなど)間接感染(感染している犬の使用した食器など)直接感染(直接感染している犬に触れる)の3つの感染経路があります。
コロナウイルス感染症
飛沫感染(犬のくしゃみなど)間接感染(感染している犬の使用した食器など)直接感染(直接感染している犬に触れる)の3つの感染経路があります。