骨の腫瘍

ふつう腫瘍は、中高齢の犬に多く発生しますが、骨の腫瘍は例外で、2歳前後の若い犬、特に大型犬の前足によくみられます。

 

 

【症状】

 

足をひきずるなど、歩行に異常が現れたり、足の腫れがみられます。 
外傷やねんざがないのに足をひきずっている場合は、獣医師の診察を受けたほうがよいでしょう。
骨の腫瘍は、骨腫を除くと悪性であることが多いため、早期発見が重要です。

 

 

【治療】

 

肺などへの転移が多い腫瘍なので、治療には腫瘍の部分だけでなく、足を切断する必要があります。
たった数日の遅れが生命を左右するため、発見したら早急に動物病院へ連れていきましょう。

骨の腫瘍
   愛犬ケンタに奇跡を起こした PRIO(プライオ)の詳細はこちら



骨の腫瘍関連ページ

皮膚の腫瘍
人間と同じく、さまざまな場所の腫瘍があります。
乳腺の腫瘍
人間と同じく、さまざまな場所の腫瘍があります。
口腔の腫瘍
人間と同じく、さまざまな場所の腫瘍があります。
腹腔の腫瘍
人間と同じく、さまざまな場所の腫瘍があります。
リンパ肉腫
人間と同じく、さまざまな場所の腫瘍があります。