犬 病気

嘔吐の種類記事一覧

嘔吐と吐出し

■嘔吐と吐き出しは原因が違う消化器の病気の2大症状は、嘔吐と下痢です。ここでは嘔吐について説明いたします。嘔吐とは、食べた物を口から強く出すことです。同様に、口から食べ物を出す症状で「吐き出し」と呼ばれるものがあります。両者の原因は別のところにあるので、当然、対処法も違ってきます。動物の嘔吐の原因は...

≫続きを読む

胃捻転と胃拡張

■胃捻転や胃拡張でも嘔吐する胃の運動機能の異常が原因で、嘔吐が起こることがあります。つまり、胃の運動が正常時より速くなったり遅くなったり、あるいは運動機能が停止してしまうことが原因です。代表的な病気には、胃捻転や胃拡張があります。これは大型犬に起こりやすく、特に胸の深いジャーマン・シェパード、ドーベ...

≫続きを読む

幽門部の異常

■幽門部の異常は短頭種に多い胃と小腸の接合部である幽門や、胃と食道の接合部である噴門に障害がある場合も嘔吐することがあります。確率としては幽門部の障害の方が多く、特に短頭種のシーズーやパグなどに多く見られます。これら犬種で、食事をしてから20〜30分後に嘔吐が見られる場合は、この病気を疑うことも必要...

≫続きを読む

原因の一番は食べ過ぎ

■嘔吐の一番多い原因は食べ過ぎ食べ過ぎたり、腐敗した物や刺激の強い物を食べた場合も、嘔吐が起こります。嘔吐の原因としては、これが最も多いといえます。嘔吐した場合は、食べ過ぎなかったか、古い食品や刺激の強い物を食べなかったかなどを調べる必要があります。また、中毒が原因で嘔吐する場合もありますが、これは...

≫続きを読む

犬,病気
   愛犬ケンタに奇跡を起こした ユーグレナ(みどりむし)の詳細はこちら