犬 病気 食べ過ぎ

■嘔吐の一番多い原因は食べ過ぎ

 

食べ過ぎたり、腐敗した物や刺激の強い物を食べた場合も、嘔吐が起こります。嘔吐の原因としては、

 

これが最も多いといえます。嘔吐した場合は、食べ過ぎなかったか、古い食品や刺激の強い物を

 

食べなかったかなどを調べる必要があります。

 

また、中毒が原因で嘔吐する場合もありますが、これは説明がなかなか難しいところです。飼い主が実際に

 

食べたところを見たというのであれば、簡単に診断できますが、そういう確定的な証拠がない場合は、

 

特定の毒物を検出することがなかなか難しいためです。

 

■代謝疾患や肝臓病でも嘔吐が起こる

 

消化器疾患以外の病気が、嘔吐の原因になることもあります。主として代謝性の疾患であり、代表的なものに、

 

副腎皮質機能低下症があります。また、肝臓や脾臓などの病気が原因で、嘔吐が引き起こされることもあります。

 

動物が嘔吐をし、原因と考えられる消化器系の病気が見つからない場合、他の消化器の病気を疑ってみる

 

必要があります。

犬,病気,食べ過ぎ
   愛犬ケンタに奇跡を起こした PRIO(プライオ)の詳細はこちら



原因の一番は食べ過ぎ関連ページ

嘔吐と吐出し
吐く原因は大きく分けて、一過性のものと、持続性のものが考えられます。
胃捻転と胃拡張
命にかかわることもあるので要注意
幽門部の異常
シーズーなどの短頭種に多く見られます。