犬 病気 嘔吐

■嘔吐と吐き出しは原因が違う

 

消化器の病気の2大症状は、嘔吐と下痢です。ここでは嘔吐について説明いたします。

 

嘔吐とは、食べた物を口から強く出すことです。同様に、口から食べ物を出す症状で
「吐き出し」と呼ばれるものがあります。

 

両者の原因は別のところにあるので、当然、対処法も違ってきます。

 

動物の嘔吐の原因は、主に胃と腸管にあります。これに対して、吐き出しの原因は食道にあります。
吐いた内容物にも違いがあります。嘔吐の場合、吐物はある程度消化されています。
食べ物が胃や胃に近い小腸にまで達し、それらの部位の何らかの異常が原因で、吐き戻されるからです。

 

吐き出しの場合は、食べ物が消化器に達する前に食道から吐き戻されるので、消化されていません。
また、動物は嘔吐の吐物は食べませんが、吐き出しで戻した吐物はまた食べることがあります。
動物が戻したものをまた食べようとしたときは、その吐物は吐き出しによるものと考えていいでしょう。

 

吐き方も違います。嘔吐の場合、下を向いて吐きますが、吐き出しでは強く前に飛ばすように吐きます。

 

 

■食べ物を飲み込めないときも吐き戻す

 

嘔吐と吐き出し以外にも、食べたものを吐くことがあります。食べ物を飲み込むことができず、
吐き戻してしまう場合で、これを「嚥下困難」といいます。嚥下困難の原因は口腔か咽頭か食道にあります。

 

この場合は「ヨダレ」を伴うこともあります。要するに、ゴクンと飲み込むことができず吐いてしまうのです。
食べた物を吐いた場合は、嘔吐なのか吐き出しなのか嚥下困難なのかを見極めることが大切です。

 

 

■古い血液が混じっていたらすぐ病院へ!

 

動物が黄色い液体を吐いたとき、胃液だと思っている人が多いようです。しかし、胃液は白い泡のような
液体です。黄色い液体は胆汁液です。ですから、犬が黄色い液体を吐いた場合、胃の内容物がなくなって
胆汁液が逆流したと思われます。

 

嘔吐物に血液が混じっていれば、胃のびらん、潰瘍、腫瘍などの病気が考えられます。
特に吐物がコーヒー色になっていたら、要注意です。これは血が古くなった色なので、重篤な潰瘍や腫瘍が
疑われます。すぐに動物病院へ連れて行き、検査や処置をしてもらうことをお勧めします。

 

嘔吐した後の動物の様子を観察することも大切です。嘔吐後、いつもと変わらず元気であれば
通常は心配することはないでしょう。

 

しかし、嘔吐の後、ぐったりして元気がない場合は、深刻な病気が考えられますので
病院で診察してもらいましょう。

 

■嘔吐の治療は絶食から

 

嘔吐の治療は、絶食と絶水が基本です。比較的元気な犬(老齢犬を除く)は、24時間絶食し、12時間絶水し、
様子を見ます。元気がない場合は12時間の絶食をします。そして動物病院へ連れて行き獣医師の指示に
従ってください。

 

絶食、絶水中に動物が喉の渇きを訴えた場合、氷のかけらを数個与えるとよいでしょう。
それで、喉の渇きがおさまり、胃粘膜の炎症も少しは抑えられます。

 

比較的元気な若い犬の場合は、1〜2日の間、完全に絶食し、24時間絶水することが理想です。
その後、食事は3〜6回に分けて与え、様子を見ます。
もし、絶食と絶水を行なっても嘔吐が止まらない場合は病院へ連れて行ってください。

 

嘔吐が続くと、体内の水分が外へ出てしまい、体力が消耗します。ひどい場合は、急激な血圧低下で
ショック状態が起こることもあります。とにかく、元気がない場合は、何らかの異常が疑われますから、
早く原因を突き止め、治療を行なうことが重要です。

 

犬,病気,嘔吐
   愛犬ケンタに奇跡を起こした サプリメントの詳細はこちら



嘔吐と吐出し関連ページ

胃捻転と胃拡張
命にかかわることもあるので要注意
幽門部の異常
シーズーなどの短頭種に多く見られます。
原因の一番は食べ過ぎ
エサの量は正確にあげることが大切です。。