犬 病気 目

白内障は、レンズの役割をする水晶体が白く濁る病気です。水晶体は、たんぱく質と水で構成され、そのたんぱく質が何らかの原因で変質して白くなり、視力が低下していきます。白内障の大半は、後天的な老化によるものが多く、6〜7歳以上の高齢犬に起こりやすいので注意しましょう。また、年齢に関係なく糖尿病や中毒などによって起こるケースもあります。

 

【症状】

 

目の奥をよくみて、瞳孔の奥が白くなっていたら白内障と考えて間違いありません。目がみえにくくなるため、フラフラと歩行したり、何かにしょっちゅうぶつかったり、物音に強く反応したりします。

 

【治療】 

 

薬で水晶体の白い濁りを取り除くことはできませんが、進行を抑えることはできます。濁りがひどくなった場合、手術で水晶体自体を取ってしまうこともできます。水晶体を取ると、目のピントが合わなくなってしまうので、見えにくい状態になります。目が見えないことを考えて、家の中の障害物を取り除き、安全を心がけてあげましょう。

 

犬,病気,目
   愛犬ケンタに奇跡を起こした PRIO(プライオ)の詳細はこちら



白内障関連ページ

チェック方法
飼い主が気にしてあげないと大変なことに。
緑内障
眼瞼内反