犬 病気 目

眼瞼内反

まぶたが内側に入り込んでしまう状態を、眼瞼内反と呼びます。先天的な異常による場合が多いですが、重度の結膜炎や外傷などで発症することもあります。
まつ毛が目を刺激して傷つけ、結膜や角膜の炎症をひき起こします。

 

【症状】

 

内反の度合いが軽い場合は、目が赤くなったり、目やにや涙の量が増えたり、まぶたが痙攣したり軽い結膜炎程度の症状が出ます。進行すると、慢性的な結膜炎や角膜炎をくりかえすことになります。

 

【治療】

 

軽度の内反なら、刺激しているまつ毛を抜いてから炎症を治療すれば、症状が軽くなることがあります。
重度の場合は、まぶたの形を整える手術が必要で、形が整ってから炎症の治療を行います。
子犬の時から症状が現れるので、目やにや涙が多かったり、犬が目を気にしてこすることが多い場合は、早めに動物病院で診断を受けてください。

 

犬,病気,目
   愛犬ケンタに奇跡を起こした サプリメントの詳細はこちら



眼瞼内反関連ページ

チェック方法
飼い主が気にしてあげないと大変なことに。
白内障
緑内障