犬 病気 癲癇 てんかん

対処法を事前に知っておく。

 

犬が突然、激しい痙攣を起こしたり、意識を失って倒れたりしたら・・・。
誰でも驚いて、どうすればいいかわからない状態になってしまいますよね。

 

こうした、痙攣の発作を起こす病気は、“てんかん”と呼ばれています。
てんかんは、脳の神経細胞に異常な衝撃が発生することによって起こる病気で、
比較的若い犬によく起こると言われています。

 

またてんかんは、原因がよくわからず、ケガなどの後遺症や脳腫瘍などの障害
などが原因の「二次性てんかん」と遺伝性が原因とされている「突発性てんかん」があります。

 

てんかんは症状もさまざまです。脳全体が興奮し、全身に発作が出る全般発作では、
口から泡をふいて全身を痙攣させたり、失禁してしまったりします。

 

また脳の一部分だけが興奮状態となった発作では、手足や顔面だけが痙攣するといったように、
興奮した部分の脳と関連する体の一部だけが痙攣したりします。

 

このてんかんの発作が起きる頻度も、発作を起こしている時間の長さも、犬によってさまざまです。
普段の生活で1日2回以上てんかんの症状が出た場合、てんかん発作と診断されることが多いようです。

 

もしも犬がてんかん発作を起こしたときは、あわてないこと。カラダをさすると神経を刺激して、
発作が長引くことがあるので、体を押さえつけたりしないようにしましょう。

 

ほとんどの場合、発作が収まると何事もなかったかのように、犬は元の状態に戻ります。
そして、発作の状態や、発作を起こしていた時間などをしっかりと観察して、
情報を獣医さんに伝えることが、今後の治療や診察に大変重要となります。

 

また、発作を起こした原因になったものに思い当たる場合は、発作の引き金になる要因を
取り除くようにし、犬にとってストレスの少ない環境を作ってあげることが大切です。

犬,病気,癲癇,てんかん
   愛犬ケンタに奇跡を起こした PRIO(プライオ)の詳細はこちら