犬 病気 寄生虫

寄生虫記事一覧

イヌ条虫症

イヌ条虫という寄生虫が原因。瓜の種が並んでいるようにみえることから瓜実条虫ともいわれます。ノミが中間宿主となって伝染します。犬の小腸内に寄生した成虫が卵を産み、その虫卵を含んだ片節(イヌ条虫の一部)が、排便の際、便と一緒に排泄されます。この虫卵をノミの幼虫が食べると、ノミの体内で感染子虫に育ち、さら...

≫続きを読む

回虫症

イヌ回虫、またはイヌ小回虫が原因です。寄生虫がいる犬の糞便の中にある虫卵を、ほかの犬が口に入れることで感染します。また、イヌ回虫は、母親から胎盤を通して子虫が子犬へと移行することもあります。イヌ回虫は多くの犬に寄生しています。【症状】子犬に多数の回虫が寄生していると元気消失、下痢、嘔吐、発育状態が悪...

≫続きを読む

鉤虫症

イヌ鉤虫が原因。糞便とともに排泄された虫卵がふ化し、口または皮膚から犬の体内に入ります。母犬の胎盤や乳汁からの感染もあります。【症状】成犬は軽症ですむ場合もありますが、子犬や幼犬が感染すると重症で死亡する場合もあります。胎盤や授乳で感染した「甚急性鉤虫症」の場合は生後1週間ほどで発症し、下痢と貧血を...

≫続きを読む

コクシジウム症

コクシジウムという原虫が原因。糞便とともに排泄された、オーシストと呼ばれる段階のコクシジウムを口に入れることによって感染します。  十二指腸の腸管細胞内で繁殖するため、腸内の細胞が破壊されてしまいます。【症状】腸の粘膜が傷つくので、下痢をくりかえし、血便や粘血便が特徴です。下痢のため、脱水、体力低下...

≫続きを読む

鞭虫症

鞭のような形をしたイヌ鞭虫が原因です。外界に排泄された虫卵が口から摂取されて感染します。【症状】 少ししか寄生していない場合は、ほとんど症状はみられません。寄生数が多いと軟便や下痢などの消化器症状がみられます。【治療・予防】駆虫薬の投与を行います。定期的に糞便検査を行いましょう。

≫続きを読む

バベシア症

マダニを媒介にして、バベシア原虫が原因で起こる病気です。感染している犬にマダニが寄生した時、血液に含まれるバベシア原虫がマダニの身体に入り、そのマダニが別の犬に寄生した時、バベシア原虫の感染が起こります。【症状】バベシア原虫は犬の赤血球に寄生し、赤血球を破壊するため、感染すると重度の貧血に陥ります。...

≫続きを読む

犬に寄生する“ダニ”はクモの仲間

犬をダニから守ってあげるのは飼い主の責任ダニは犬に寄生する寄生虫の一種です。実はクモの仲間で、八本の足を持っているダニ。名前を聞くだけでも嫌な気分になりますが、犬にとっても非常に不快な存在です。できるだけ感染したくないこのダニですが、犬に寄生する可能性のあるダニの種類と、その病気はどんなものがあるの...

≫続きを読む

犬,病気,寄生虫
   愛犬ケンタに奇跡を起こした PRIO(プライオ)の詳細はこちら