犬 病気

犬をダニから守ってあげるのは飼い主の責任

 

ダニは犬に寄生する寄生虫の一種です。実はクモの仲間で、八本の足を持っているダニ。
名前を聞くだけでも嫌な気分になりますが、犬にとっても非常に不快な存在です。

 

できるだけ感染したくないこのダニですが、犬に寄生する可能性のあるダニの種類と、
その病気はどんなものがあるのか知っておきましょう。

 

ツメダニが寄生することで発症するツメダニ症は、非常に激しいかゆみやかさぶたのような
フケを伴います。

 

治療法は薬用シャンプーや殺ダニ剤の投与でダニを駆除することができます。
ツメダニは人間にも感染する可能性があるので要注意です。

 

犬の耳の中でミミヒゼンダニが繁殖することで発症する耳疥癬は、耳の激しいかゆみを伴い、
耳の中に黒い耳垢を発生させます。耳垢をしっかりと取り除き、駆除剤を与えることで
治療できますが、治療が遅れると外耳炎を引き起こす要因となってしまうので、
早めの駆除がポイントです。

 

犬ニキビダニや毛包虫の寄生で引き起こされるアカラス症は、初期はかゆみが軽いことが
多いのですが、脱毛が徐々に口のまわりから目、首へと広がる病気です。

 

皮膚炎が悪化すると、細菌感染によって皮膚が全身化膿したり、出血したりすることがあります。
この病気の原因はよくわかってなく、遺伝や免疫力・抵抗力などの低下などが関係していると
考えられています。

 

治療法は主にダニの駆除剤の投薬と、感染症を伴っている場合は抗生剤の投薬を行います。

 

こうしたダニを原因とする病気は、ダニを持っている犬に近づかないことや、普段の飼育環境を
清潔に保つこと、まめにブラッシングをして皮膚の状態をチェックすることなどで防ぐことができます。

 

かわいい家族である犬をダニからしっかりと守ってあげましょう。

犬,病気
   愛犬ケンタに奇跡を起こした PRIO(プライオ)の詳細はこちら



犬に寄生する“ダニ”はクモの仲間関連ページ

イヌ条虫症
さまざまな経路によって犬に寄生します。
回虫症
さまざまな経路によって犬に寄生します。
鉤虫症
さまざまな経路によって犬に寄生します。
コクシジウム症
さまざまな経路によって犬に寄生します。
鞭虫症
さまざまな経路によって犬に寄生します。
バベシア症
さまざまな経路によって犬に寄生します。