犬 病気 寄生虫

回虫症

イヌ回虫、またはイヌ小回虫が原因です。寄生虫がいる犬の糞便の中にある虫卵を、ほかの犬が口に入れることで感染します。
また、イヌ回虫は、母親から胎盤を通して子虫が子犬へと移行することもあります。
イヌ回虫は多くの犬に寄生しています。

 

 

【症状】

 

子犬に多数の回虫が寄生していると元気消失、下痢、嘔吐、発育状態が悪いなどの全身症状がみられ、腹部がはった感じになってきます。重症の場合は神経症状を起こして死亡することもあります。
また、妊娠している犬が感染すると胎盤を通して胎児に感染することもあり、生まれた子犬が死亡することもあります。

 

 

【治療】

 

駆虫薬を投与します。症状が重い場合は下痢止めなどの対症療法も併用します。

 

 

【予防】

 

便はすみやかに処理するようにします。また、ほかの犬の糞便に近づけないでください。
定期的に糞便検査を受けるようにしましょう。

犬,病気,寄生虫
   愛犬ケンタに奇跡を起こした PRIO(プライオ)の詳細はこちら



回虫症関連ページ

イヌ条虫症
さまざまな経路によって犬に寄生します。
鉤虫症
さまざまな経路によって犬に寄生します。
コクシジウム症
さまざまな経路によって犬に寄生します。
鞭虫症
さまざまな経路によって犬に寄生します。
バベシア症
さまざまな経路によって犬に寄生します。
犬に寄生する“ダニ”はクモの仲間
犬の敵“ダニ”から守る。