犬 病気 寄生虫

鉤虫症

イヌ鉤虫が原因。糞便とともに排泄された虫卵がふ化し、口または皮膚から犬の体内に入ります。母犬の胎盤や乳汁からの感染もあります。

 

 

【症状】

 

成犬は軽症ですむ場合もありますが、子犬や幼犬が感染すると重症で死亡する場合もあります。
胎盤や授乳で感染した「甚急性鉤虫症」の場合は生後1週間ほどで発症し、下痢と貧血を起こして急死します。
急性の場合は食欲不振と粘血便がみられ、貧血も起こります。また、特徴的な症状がほとんどない「慢性型」もあります。

 

 

【治療】

 

駆虫薬を投与します。貧血がひどい場合は輸血や輸液も行います

 

 

【予防】

 

犬の糞便はすみやかに処理するようにします。また、ほかの犬の糞便にも近づけないように。定期的に糞便検査を行いましょう。特に胎盤感染を防ぐために、交配させる前には、便の検査を受けましょう。定期的に駆虫薬を与えるのもよい方法です。

犬,病気,寄生虫
   愛犬ケンタに奇跡を起こした PRIO(プライオ)の詳細はこちら



鉤虫症関連ページ

イヌ条虫症
さまざまな経路によって犬に寄生します。
回虫症
さまざまな経路によって犬に寄生します。
コクシジウム症
さまざまな経路によって犬に寄生します。
鞭虫症
さまざまな経路によって犬に寄生します。
バベシア症
さまざまな経路によって犬に寄生します。
犬に寄生する“ダニ”はクモの仲間
犬の敵“ダニ”から守る。