犬 病気 寄生虫

コクシジウム症

コクシジウムという原虫が原因。糞便とともに排泄された、オーシストと呼ばれる段階のコクシジウムを口に入れることによって感染します。  
十二指腸の腸管細胞内で繁殖するため、腸内の細胞が破壊されてしまいます。

 

 

【症状】

 

腸の粘膜が傷つくので、下痢をくりかえし、血便や粘血便が特徴です。下痢のため、脱水、体力低下がみられます。 
細菌などの二次感染を起こしやすく、子犬は特に注意が必要です。

 

 

【治療・予防】

 

駆虫薬を使ってコクシジウムを駆除します。定期的に糞便検査を行いましょう。

犬,病気,寄生虫
   愛犬ケンタに奇跡を起こした PRIO(プライオ)の詳細はこちら



コクシジウム症関連ページ

イヌ条虫症
さまざまな経路によって犬に寄生します。
回虫症
さまざまな経路によって犬に寄生します。
鉤虫症
さまざまな経路によって犬に寄生します。
鞭虫症
さまざまな経路によって犬に寄生します。
バベシア症
さまざまな経路によって犬に寄生します。
犬に寄生する“ダニ”はクモの仲間
犬の敵“ダニ”から守る。