愛犬 食べ物

イヌに悪影響を与える食べ物

 

犬の健康に影響を与える食べ物については、それが良い影響なのか悪い影響なのかを問わず、科学的にすべてが解明されているわけではありません。

 

現在、健康によい、もしくは無害とされている食べ物でも、将来的に悪影響が判明したり長期的な調査によって長期間の摂取が好ましくないとされたりする可能性があります。

 

以下に挙げる物は健康への悪影響が判明している食べ物であり、これらのものを好んで食べる犬もいるため、飼い主が与えない、もしくは、拾い食いさせないように注意しましょう。

 

【チョコレート】

 

これは、チョコレート類に含まれるテオブロミンという成分によって中毒を起こすためです。体重10kgの犬が約100g食べた場合でも発症のおそれがあります。2009年度では、215件の中毒事例が報告されています。ネコも同様の理由で悪影響を受けます。

 

 

【ネギ類】(ネギ、タマネギ、ニンニク、ニラなど)

 

これは、ネギ類に含まれる成分(アリルプロピルジスルファイドなど)がイヌの赤血球を溶かし、貧血を起こすためです。(タマネギ中毒) ネコも同様です。

 

 

【鶏の骨】

 

噛み砕いた際にササクレ状に割れるため飲み込んで消化管穿孔の原因になることがあります。特に加熱されたものは危険です。

 

 

【牛乳

 

牛乳に含まれる乳糖という成分を体内で分解できません。下痢をしたり、幼犬だと衰弱死する場合があります。

 

 

【アボガド】

 

果肉や皮に毒素が含まれており、下痢や嘔吐を起こす危険性があります。種を誤食する恐れもあるので、犬の届く場所に置かないようにしましょう。

 

 

【たけのこ】

 

結石症のリスクを高めるシュウ酸を多く含んでいるため与えない方がいいです。味付けメンマも塩分が高く与えない方がいいです。

愛犬,食べもの
   愛犬ケンタに奇跡を起こした ユーグレナ(みどりむし)の詳細はこちら