犬の食事 ― 肉 ―

人間でもそうですが、犬にとっても食事は大切なものです。

 

人間にとっては食事は病気を予防したり、体を作ったり、日ごろの体を動かす原動力になったりするものです。

 

これは人間も犬も変わりまあリませんよね。犬を飼う際には、この辺りにも細心の注意を払いたいものです。

 

折角の可愛いワンちゃんを失いたくないですし、長く一緒に痛いですからね。

 

例えば、肉です。人間はたんぱく質を摂取するために、生肉、焼いた肉など様々な肉を食べます。

 

煮たり焼いたり、肉を工夫して食べます。しかし、犬は自分で肉を焼いたり煮たり、蒸したりして食べることはできません。

 

これは飼い主であるあなたが注意して、餌として与えなければならないでしょう。

 

牛肉に関して言うならば、加熱した肉は与えてもOKですが、生肉は与えないほうがいいです。

 

まあ、これは人間の場合も同様ですが、寄生虫や病原体が肉に潜んでいる場合がありよくありません。牛肉を与える場合には必ず加熱して殺菌処理をしてから与えます。

 

鶏肉に関しても生はいけません。鶏肉にはサルモネラ菌が潜んでいるケースがあります。当然、与えてはいけません。

 

また、加熱した肉でも骨がある場合には喉等に骨が刺さる場合がありますの。鶏肉を与える場合には必ず骨を取り除いてから与えるようにします。

 

さらに豚肉も同様、生で与えてはいけません。豚肉はそもそも人間にとっても危険なトキソツラズマ原虫がいる場足がありますから当然駄目なのです。

 

ここでは 肉に関して取り上げましたが、この他にもいくつもの食材で注意が必要になりますので、飼い主の皆さんは注意して食事を与えるようにしてください。

犬の食事 ― 肉 ―
   愛犬ケンタに奇跡を起こした PRIO(プライオ)の詳細はこちら