β-グルガンとは?!

β-グルガンとは、癌の抑制効果がある優れた成分です。

 

β-グルガンというのは、普通β1、3グルガンのことを指します。

 

なかなかなじみがない成分ですが、実はβ-グルガンは普段多くの方が気付かないうちに体内に取り込んでいるものですよね。

 

そうです、β-グルガンは茸類に含まれている成分です。茸というのは昔から癌の予防や抑制効果があるとされてきましたが、その優れた働きはβ-グルガン(β1、3グルガン)の効果であるのです(もちろん、β1、3グルガンだけでなく、その他の成分も癌の抑制や予防の働きをしています)。

 

β1、3グルガンは多糖類と呼ばれるものですが、茸に含まれている多糖類は人間がもともと持っている免疫力(細菌やウイィルス等の体に有害な物質や成分に抵抗する力)を高めて、発癌を抑えてくれるというのです。

 

また、β1、3グルガンは茸だけでなく、パンの酵母(イースト菌)にも含まれています。

 

最近ではこちらのβ1、3グルガンの方が注目されているようですね。β1、3グルガンが含まれている健康食品に使用されているβ1、3グルガンはパンの酵母(イースト菌)が原料のものが増えているようです。

 

いずれにしても、30〜40代になると、癌を含め、病気は気になるものです。癌になる恐れもぐっと高くなります。

 

何も対策をしないよりは身近なところから予防や抑制を心がけたいものですよね。癌は誰でも患うものでもありませんが、普段から生活習慣に気をつけて、予防・抑制を行いたいものです。

β1,3グルカンの効果!
   愛犬ケンタに奇跡を起こした PRIO(プライオ)の詳細はこちら