がんは腫瘍の一種です。


がんは腫瘍の一種です。腫瘍には2種類のものがあります。他の器官には転移せず、ゆっくりと増殖していく陽性腫瘍と、一気に増殖して他の器官に転移してしまう悪性腫瘍です。そのうち、悪性腫瘍のほうをがんと呼びます。

 

 

人間で考えれば、がんは非常に多い病気といえるでしょう。しかし、実は犬にとってもがんはかかりやすい病気であり、高齢の犬ほどがんにはかかりやすくなります。

 

 

ちなみに、老齢犬の死亡原因の第1位は人間と同様にがんなのです。

 

 

老齢犬といっても何歳ぐらいから気をつければよいのか分かりにくいかもしれませんが、目安としては8歳を過ぎた頃から健康管理には特に気をつけたほうがよいといえるでしょう。

 

 

犬も10歳を過ぎればほとんどの犬からがんが発見されるといわれています。

 

 

以前より犬のがんが注目されるようになったのは、昔よりも格段に犬が長生きをするようになったからだといえるでしょう。

 

 

犬種によってなりやすい病気が違い、そのため予防するための食事もいろいろと研究されてきています。

 

 

人間と同様、がんの根本原因は今も分かっていません。対策は早く見つけてあげること、そして病院で診断を受け、しっかりとした治療を行うことが大事になってくるのです。

 

 

そのためには毎日犬と向き合っているあなたがちょっとした変化にすぐ気づいてあげられるようにすること。

 

 

そして、特別な異常が無くとも、かかりつけ医に時々は健康診断をお願いすると良いでしょう。犬は大事な家族の一員です。

 

 

少しでも長く、健康に暮らせるように人間が気を配ってあげなければいけないのです。

犬とがんの関係
   愛犬ケンタに奇跡を起こした ユーグレナ(みどりむし)の詳細はこちら