がんになると考えられる原因


がんが発生する根本原因についてはいまだに分かっていません。

 

 

しかし、発症のメカニズムについては人間でも犬でも変化がないということは分かっています。

 

 

がん細胞自体は健康な人でも犬や猫についてもいつも存在しています。しかし、それが悪さをするのは何らかの原因で免疫力が低下したときだけなのです。

 

基本的には、興奮させる働きを持つ交感神経とリラックスさせる働きを持つ副交感神経というのはいつもバランスが保たれています。しかし、このバランスが崩れると免疫力が低下してしまうのです。

 

 

免疫というのは風邪にかかりにくくしたりするときにも働く、自己防御システムのことです。人も犬も常に細菌やウイルスにさらされていますが、風邪を引いたりインフルエンザいにかかるのは免疫力が落ちているときだけです。

 

 

同様に、がん細胞も常にあるものの、がんが発病するのは免疫力が落ちているからなのです。

 

 

免疫力が下がる原因はいろいろとあるといわれていますが、大きく作用するのはストレスだといわれます。

 

 

ストレスがかかると自律神経のバランスが崩れてしまい、その結果白血球が増えてしまいます。

 

 

白血球は細菌と戦う性質を持ちますが、するとがんと闘うリンパ球を減らしてしまいます。

 

 

そのため、がんと闘ってくれるものがいなくなり、がんが増えてしまうということです。

 

 

ストレスを与えないというのはなかなか難しい話ですが、食事や安全面に配慮し、適度な運動を続けるということが犬にとってストレスを少なくする方法だといわれています。

犬のがん
   愛犬ケンタに奇跡を起こした PRIO(プライオ)の詳細はこちら