犬のがんと生活環境


がんストレスには大きな関係があることが分かってきましたが、それでは犬のストレスを減らすにはどうしたらよいのでしょうか。

 

 

考えられるのはまず住環境が犬にとって適しているかどうかです。犬を外で飼うか、それとも室内で飼うかというのは犬の種類によって代わってくるでしょう。

 

 

大型犬であればそれだけ家の中で生活させるのは難しく、結果として屋外で飼うことになるかもしれませんが、犬にとって屋外で暮らす環境というのはかなりのストレスになっているといわれています。

 

 

これも犬種にもよりますが、暑さや寒さに弱い犬は多くいます。特に日本は夏は高温多湿で暑く、冬は何日も雪が降るほど寒く、外で暮らしていくのは大変です。また、気温差だけではなく犬は群れで生活するものです。

 

 

犬の多頭飼いをすすめるのではありませんが、やはり飼い主と離れて暮らすというのは犬にとって大変なストレスになるのです。

 

 

できることであれば室内で飼うだけでも愛犬のストレスを減らすことができるでしょう。また、どうしても屋外で飼うというときには、犬がストレスを感じにくいような配慮をするようにしましょう。

 

 

たとえばあまりにも狭い犬小屋はやめましょう。また、室内であっても犬のストレスとならぬよう、適度にエアコをきかせると良いでしょう。

 

 

飼う場所だけでなく、飼い方も重要です。散歩というのは犬にとって必須の要素です。元々狩を行っていた動物ですから、散歩することで狩の本能が満たされます。

 

 

また、排便のためにも必要なことですし、運動不足もよくありません。他の犬と出会う機会ともなるでしょう。

犬ががんにかかりにくい生活環境とは
   愛犬ケンタに奇跡を起こした ユーグレナ(みどりむし)の詳細はこちら