ドッグフードががんの原因??


ほとんどの家庭の愛犬は今ドッグフードを食べていることでしょう。

 

 

しかし、そのドッグフード自体ががんの原因になっている可能性もあります。

 

 

実は、ドッグフードにもさまざまなものがあり、主原料はとても食用とは思えないようなものをドッグフードに使用しているような安全と呼べないものも市場に出回っているといわれています。

 

 

値段にもかなりの差があるとおもいますが、やはり明らかに格安のものは疑ってかかったほうが良いかもしれません。

 

 

ドッグフードは栄養バランスが優れているといわれています。しかし、栄養が多いからといっていいというわけではありません。

 

 

ドッグフードの質を見極めるのに使えるのがAAFCOというアメリカの栄養基準です。これを満たした商品であれば安全性が高いといえるでしょう。

 

 

これは、AAFCOの基準をもとに日本におけるペットフードの基準を定めているからです。また、きちんと成分や加工方法、賞味期限や原材料など表示がしっかりしているものを選んだほうが好ましいです。

 

 

包装については窒素加工してある商品を選ぶようにしましょう。そして、賞味期限が6ヶ月を超えるものは選ばないこと。

 

 

あまりにも長く賞味期限を定めているものは化学薬品が使われている恐れがありますし、無添加のものは腐敗してしまう恐れがあるからです。

 

 

水についても注意が必要です。水道水は薬分が多いため、まず沸騰させ、湯冷まししてから与えるようにしましょう。

 

 

ミネラル・ウォーターも犬にとってはよくない場合がありますので、基準を満たしているかどうかを確認してください。

犬のがんと食べ物・飲み物の関係
   愛犬ケンタに奇跡を起こした PRIO(プライオ)の詳細はこちら