愛犬のガンも早期発見がカギ


自分の愛犬がどこか調子が悪いと感じたときには、すぐに獣医師に診てもらうようにしましょう。飼い犬の平均寿命が伸びると共に、がんの発生も多くなってきました。

 

 

がんは早めに発見し治療を始めるのがもっとも大切です。それでは飼い主が異常に気がついて病院に連れてきたとき、獣医師はどのような検査を行うのでしょうか。

 

 

まずは目で見て、そして触って、聴診器で聴いて検査をします。身体の表面にできたがんであれば見て分かるものもありますし、触ってしこりに気づくこともあるでしょう。

 

 

内部のがんについてはおなかを触って見つかることもあります。また肺にできたときには聴診器で分かることもあります。

 

 

血液検査では貧血かどうか、そして血清検査を行うことでさまざまな臓器の異常を見つけることが可能です。病理的検査というものもありますが、これにはいろいろな方法があります。

 

 

基本的には骨髄に針を刺し、そこにある細胞を取って腫瘍があるのかどうかを調べるものです。また、その組織を顕微鏡で見ることで異常の診断を行うこともあります。

 

 

人間と同様に超音波やレントゲンを使用して腫瘍を発見することもあります。また、CTと呼ばれるコンピュータ断層検査では立体的に臓器の状態を見ることができます。

 

 

MRIでは痛みや放射線被爆の恐れも無く肝細胞がんなどを発見することができますが、長時間かかるため犬の場合には全身麻酔が必要となります。またPETという新しい診断法もあります。

 

 

これは陽電子を放出する薬剤を注射し、それがどのように分布するのかを特殊なカメラで映像化するというものです。

 

 

愛犬がどのような診察を受けるのか理解し、獣医師の指示に従いましょう。

愛犬のガンを発見する方法
   愛犬ケンタに奇跡を起こした ユーグレナ(みどりむし)の詳細はこちら