愛犬のガン治療―抗がん剤療法―


愛犬ががんになったときの治療法にはいくつかありますが、そのうちのひとつに抗がん剤療法があります。

 

 

人間にも良く使われる治療法ですが、抗がん剤と呼ばれる薬を使用し、異常に増殖したがん細胞を死滅させたり縮小させることを目的としています。

 

 

抗がん剤にはいくつか種類がありますが、これを単独で使用する場合と何種類かを組み合わせて使用する場合があります。

 

 

ひとつの抗がん剤だけで行うと毒性が少なく、費用も安く済みますが、効果が現れにくかったり、効き目が持続しないことがデメリットとなっています。

 

 

しかし、反対にいくつもの抗がん剤を利用すると副作用が強く現れますし、費用もその分負担が大きくなってしまいます。

 

 

これは獣医師の考えや愛犬のがんの状態などにもよりますので、獣医師とよく相談して愛犬にとって一番良い治療法を選んであげてください。

 

 

抗がん剤療法は放射線治療と同様に正常な細胞も壊してしまうものです。

 

 

医療は日々発達しているものの、それについてはまだ改善されていません。特に血液を造る細胞や消化器官の細胞への影響が大きく、白血球の減少や下痢や嘔吐などの副作用が多く見られます。

 

 

愛犬にとってはそれががんを良くするための治療として必要なものだから仕方ないとあきらめられるものではないでしょう。

 

 

副作用が強く現れているとき、飼い主の支えが愛犬にとって非常に重要となります。

 

 

愛犬のことを考えれば、できるだけ負担が少なく、そして効果が良く現れる治療法を探していきたいものですね。

愛犬のガン治療―抗がん剤療法―
   愛犬ケンタに奇跡を起こした ユーグレナ(みどりむし)の詳細はこちら