愛犬のガン治療―放射線療法―


愛犬ががんになったとき、治療法のひとつとして行われるのに放射線治療があります。人間ががんになったときには良く行われる方法ですが、ペットに対する放射線治療はまだ始まったばかりです。

 

 

どの動物病院でも行えるものではないため、かかりつけ医から紹介状を書いてもらって獣医大学や専門医に診てもらう必要があるでしょう。

 

 

放射線治療というのはがん組織のDNAを放射線によって破壊するという治療です。これにより腫瘍をなくすことを目的としています。

 

 

しかし、放射線治療というのはがんだけでなく、他の健康な細胞にも影響します。場所がずれてしまっては意味が無いため、この治療を行うことになった場合には愛犬に全身麻酔を施す必要があります。

 

 

手術とは違い、一度に放射線を照射して終わりというものではなく、通常は複数回に分けて行われることが多いです。

 

 

1ヶ月間かけて20回程度行うというケースが一般的といえるでしょう。この場合、放射線治療の効果というのはすぐには現れません。

 

 

遅い場合には半年から一年たってから効果が現れる場合もありますので、希望を失わずにやさしく愛犬を見守りましょう。

 

 

人間においても同様ですが、放射線治療には副作用があります。たとえば疲れやすさ、食欲不振、貧血や白血球数、血小板の減少などが起こる可能
性があります。

 

 

また、放射線を照射したことで照射した部分の毛質が変わったり、毛の色が変わったり、皮膚が萎縮するようなこともあります。

愛犬のガン治療―放射線療法―
   愛犬ケンタに奇跡を起こした PRIO(プライオ)の詳細はこちら